小田急箱根グループ2018年新卒採用サイト

事業会社現業職「社員の声」 2016年入社 金子 愛美 Emi kaneko

Q.就職活動で、箱根登山鉄道を選んだ理由、 入社の決め手は何ですか?

就職活動中に参加した会社説明会で、先輩社員の方との対談を通じてアットホームな社風であることを知りました。それが自分に合うと思えたからです。また、フットボールやソフトボールなどの同好会が定期的に活動していて、その中に私の趣味でもあるテニス同好会があったことも入社を決めた理由の1つです。

Q.現在の仕事について教えてください。〜普段の主な仕事内容、所属部署の中での役割なども〜

乗車券の改札(確認)、集札(回収)、出札(発売)、精算、ホームでの電車とケーブルカーの到着監視、発車合図、お客さまへのご案内が主な業務です。また、管区内の「増収委員会」に所属しており、グッズの販売促進なども仕事の1つです。

Q.仕事のやりがいを感じた瞬間や、嬉しかったこと、印象的だったエピソードについて教えてください。

ご年配の女性二人組のお客さまが、きっぷ売り場でケーブルカーの乗車券を希望されました。そこで観光予定のルートを伺い、フリーパスの方がお得で便利だとお勧めしてご購入いただきました。夕方頃にそのお客さま方が再度きっぷ売り場まで来られて「とても有意義に過ごせたわ、ありがとうね」とお礼の言葉をくださったとき、嬉しさとやりがいを感じました。

Q.仕事の難しさ、大変なところはどのようなことですか?

外国のお客さまへの対応です。英語での駅周辺や観光の案内は半年間でそれなりに身に付きましたが、運賃の精算や遺失物の取り扱いなど、高度な英語力が必要なケースでは四苦八苦しています。分からない単語や気になる単語は人に聞いたり自分で調べたりして、少しでも多くのお客さまのお力になれるよう勉強を続けています。

Q.仕事をするにあたって心掛けていることは何ですか?
 〜自分が大事にしているこだわり、普段から意識していること、気を付けていることなど〜

お客さまと会話する際の笑顔を大切にしています。出札(乗車券の発売)など、目線が手元に落ちやすい業務もありますが、最後は必ずお客さまの目を見て挨拶をするように意識しています。当社は鉄道会社であると同時に観光業の会社でもあるので、お客さまの良い思い出として残るサービスができるように心掛けています。

Q.今後の目標・挑戦したいことを教えてください。
現在の目標は乗務員になることです。安全に対する責任は今以上に重くなると思いますが、その分新しいやりがいを見つけることもできると考えています。基本的な業務をしっかり身に付けた上で、お客さまの心に残るようなアナウンスを提供できるように、駅で働いている今からイメージを膨らませつつ、日々の業務に取り組んでいます。