社員メッセージTOP

世界中のお客さまに
ご満足いただけるように、
日本の箱根を『世界の
HAKONE』にしていきたい。

世界中のお客さまにご満足いただけるように、
日本の箱根を『世界のHAKONE』にしていきたい。

現在はどのような
業務をされて
いらっしゃいますか。

海賊船ターミナルのひとつ箱根町港で接客を担当しています。具体的には窓口でのお客さま案内やチケット販売などです。下船されたお客さまがバス乗り場で地図を広げて立ち止まっていたら、「どちらへ行かれますか」とお声がけし、道案内をすることもあります。海賊船のことだけでなく、箱根山内の観光名所や交通など常に最新の情報をチェックし接客にあたっています。

忙しいのは
どの季節ですか。

GWや夏休みの時期です。お客さまへのご案内などさまざまな業務をこなさなければならず、仕事の優先順位がわからなくなることもありましたが、先輩方から「周囲を見ながら、一呼吸置いて焦らずに」とアドバイスをいただきました。忙しいときも丁寧な対応を心がけています。

やりがいを感じるのは
どんなときですか。

お客さまから「ありがとう」「楽しかった」というお言葉をいただいたときです。特に私からお声がけ・ご案内をしたお客さまからお言葉をいただいたときは、「思い切って一歩踏み出してよかった」と感じます。

海外からのお客さまも
多いですね。

アジア圏の方に限らず、世界中から多くのお客さまにお越しいただいているので、英語でのコミュニケーションは必須です。私も最初はまるでできませんでしたが、必要な受け答えをメモに書いて暗記し、実践を繰り返すことで、だんだんと話せるようになりました。

大友さんの
モチベーションの源は
何ですか。

それはもう、同期の仲間に尽きます。月に1、2回集まってご飯を食べているのですが、仕事のことやプライベートのことなどで、話が盛り上がります。入社したときと比べると、皆成長していて、私もがんばろう、という気持ちになります。同期の仲間は私の大きな財産です。

将来の夢を
教えてください。

世界中からもっと多くの方々に“HAKONE”に来ていただきたいと思います。将来は宣伝や広報の業務を担当し、箱根と当社の魅力を発信していきたいです。海外出張にも挑戦したいですね。

MY CHALLENGING
私が描く箱根の未来

日本の代表的な観光地といえば京都ですが、箱根もぜひ京都に負けないぐらいに有名な観光地にしたいと思います。そのためには今以上の交通網や宿泊施設の整備も必要だと思います。箱根を、世界の誰もが知っている“HAKONE”にすることが私の夢です。