社員メッセージTOP

箱根ファンをもっと
増やしたい。お客さまとの
積極的なコミュニケーション
を心がけています。

箱根ファンをもっと増やしたい。お客さまとの
積極的なコミュニケーションを心がけています。

今までで一番印象に
残っていることは。

入社3年目に元箱根港の窓口で、乗船券を販売していたところ、年配のお客さまに「どの船に乗ったら良い?」と尋ねられたことがありました。お客さまのご希望をお伺いし、よりゆったりとした豪華な特別船室をおすすめいたしました。お戻りの際に「とても豪華で驚いたよ。ゆったりと過ごせて満足した、ありがとう」とお礼のお言葉をいただきました。自分のご案内がお客さまに通じたことに非常に嬉しくなりました。

お客さまをお迎えする
“顔”としての役目を
果たされていますね。

入社当時は知らないことが多く、箱根観光に欠かせない周辺の施設案内などに苦労しました。しかし経験を重ねるうちに、落ち着いてお客さまへ対応できるようになりました。ここまで成長できたのは、やはりお客さまからの「ありがとう」の一言があったからだと思います。

経験を積んだ分、
仕事にも余裕が
生まれたのでは。

自分自身の仕事だけでなく、会社のことを考える余裕が生まれ、売上への貢献を意識するようになりました。例えば、追加料金でご利用いただける船内特別船室の紹介を一工夫したところ、多くのお客さまがご興味を持ってくださり、結果的に販売数を伸ばすことができました。会社のために貢献できることはないかと試行錯誤できるようになれたと思います。

入社動機を
教えてください。

もともと接客業に興味がありましたが、決め手となったのは職場見学です。社員の方が海外からのお客さまに対し、丁寧に、熱心に案内している姿を見て胸を打たれました。自分もあんなふうになりたいという憧れで入社を決めました。あるとき学生時代の友人が私の働く姿を見て「かっこよかった」と言ってくれました。とても誇らしかったです。

海外からのお客さまへの
ご案内はいかがですか。

単語とボディランゲージを駆使しながらご案内しています。まだまだ未熟ですが、お客さまが何をおっしゃっているのか、だいぶ理解できるようになりました。さらにスムーズなご案内をするため、社内で行っている英語力アップのための研修などを通じて、もっとスキルを磨きたいと思います。

このお仕事が
大好きなんですね。

これからもずっとお客さまとコミュニケーションがとれるこの仕事を続けていきたいです。積極的なコミュニケーションを心がけ、お客さまから「ありがとう」「また海賊船に乗りに来るね」と言われることに一番のやりがいを感じます。

MY CHALLENGING
私が描く箱根の未来

日本人のお客さまはもちろんのこと、海外からのお客さまにも、もっと箱根を知って、お越しいただきたいと思っております。そのために交通手段を充実させたり、夜のにぎわいを創出したりと、やるべきことはたくさんあります。もっと箱根を盛り上げていきたいですね。